まだ行ける?ギンガメ大群でした

    

2012 5月24日 (金)

  天気:晴れ  気温:26℃  水温:24℃  透明度:20m

    

午前中はどっぷりマクロ&ウミウシコースでした。綺麗なウミウシたくさん見れて

お客さんは喜んでいました。お客さんも見つけ上手で撮影大会になりました。

20120524-01マイチョコウミウシ

  

アカシマシラヒゲエビです。増えてきましたね。嬉しいことです。

近くではオドリハゼがダンスしまくりでした。

20120524-02アカシマシラヒゲエビ

  

大物も見れました。マダラトビエイ、イソマグロ、ロウニンアジ、、。

でも一押しは巨大ナポレオンでしょうね。メチャクチャ大きかった。

20120524-04巨大ナポレオン

  

綺麗なヒオドシベラyg出ました。海の中の宝石だと思う。

半透明で透けているうちが動きも遅いし綺麗だし最高です。

20120524-03ヒオドシベラyg

  

午後は大物探索コース。写真は1匹ですが、ロウニンアジがいたるところで

群れていました。ロウニンシーズン全開です。

20120524-05ロウニンアジ  

   

やっと南側の海のうねりがなくなってきました。ギンガメ狙いで潜りました。

で、今年はどうなっっているのか、ギンガメアジがまだまだ絶好調です。

順調に1月からスタートした今年のギンガメシーズン。この時期でこれだけの

大群が浅場にいることは誰が予想できたでしょうか。

「水温が低いと浅場に来る説」や「スタートが遅いと終わりが遅い説」などが

全く関係ないことが証明されました。ギンガメ達の都合は誰にもわかりません。

大群がいるのにもかかわらず、これからの時期はさらにポイントに行きづらく

なってきます。嬉しい悩みとはこのことですね。

20120524-06ギンガメアジの大群

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存