みんな同じところに滞在中

沖永良部島のダイビングサービス「ジーティーダイバーズ」のブログです。
しばらくまえに大シケがあって、いろんなマクロ達がいなくなってしまいさみしい日々がありまして。
今日はハナヒゲウツボ幼魚、新参者のハダカハオコゼ、ヒレボシミノカサゴなどが
見つけた時の定位置にいてくれてホットしました。
モンハナシャコが無防備で遊んでました。柄がキレイですよね。

この子はつい最近見つかった小さいハダカハオコゼ。ミリ単位で同じところにいた感じ。
100401-01.jpg
ウミウシ達は定位置はなく、いつも行き当たりばったりですね。
レアものの「シロタスキウミウシ」です。
100401-02.jpg
「パイナップルウミウシ」は北のポイントで見るのは久しぶりです。
その他にもシボリイロウミウシ、ユキヤマウミウシ、キカモヨウウミウシ
など色々見れました。
100401-03.jpg
またまたクビナシアケウスの登場です。個体数多いですね。
いろんなポイントで見つかります。よ~く観察するとカズがとても
気にいっている生物の1つの理由が分かるかも??
100401-05.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存