アケボノハゼ

      

天気:晴れ 気温:30℃ 水温:25℃ 透明度:20m   

  

透明度が今一つです。毎年この時期が一番濁ります。

それでも20mくらいは見えてるからいい方です。

そしてこんな時こそ、何かが起こる気配がするものです。

今日は大好きなテングハギモドキの大群を蹴散らして

巨大イソマグロの登場でした。


動画のリンク元はこちらです。

  

いきなりの登場で撮れないと思いましたが、威嚇するかのように

近づいてきたのでなんとか間に合いました。

巨大イソマグロ

  

稲光に見えることで有名なウコンハネガイ。沖永良部ではこの時期に

稲光があると「スクヌクヮ」(=アイゴの子供の意味)が出現すると

言われていて、漁師さんたちの目がギラギラしてきます。

そろそろ「スクヌクヮ」が居酒屋さんで注文できるかも?

ウコンハネガイ

  

水深によって水温変化がある時期です。台風が大当たりするまで

スーツをどうしようか迷います。水温低い場所はまだ23度台。

そこにいくと嬉しいことにウミウシシーズン全開です!

写真はミカドウミウシの子供。

ミカドウミウシ

  

大小真っ赤なハダカハオコゼがほぼ並んでいました。

仲良しカップルかもですね。

ハダカハオコゼ

  

久しぶりにアケボノを見てきました。

相変わらず怒り顔でした。

アケボノハゼ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存