イソマグロの産卵&カサイダルマハゼ

  
2011.6月29日 (水)
 天気:曇  気温:30℃  水温:27℃  透明度:20m

  

少し透明度が悪い日が続いています。浮遊物が多いようですが、クラゲなど

ダイバーを不愉快にさせるタイプではないのでご心配なく!

水温は低いところと高い場所が入り乱れていて、最高で28℃台も確認。

水中ももうすぐ真夏モードに突入の兆しです。

  

今日はあれこれ移動しないで、そんな夏の沖永良部をゆったり潜ってきました。

イソマグロの群れに何度も遭遇しました。巨大なペアーがゆったり泳いでいたり、

写真くらいの大きさの個体が産卵行動をしていたり、この頃はよく見かけます。

20110629-06イソマグロの産卵行動

    

なかなか撮影が難しいカサイダルマハゼですが、撮影向きのいいホストが

見つかりました。しばらくはこのペアーが活躍してくれることを祈ります。

20110629-04カサイダルマハゼ

夏の沖永良部を代表するカスミチョウチョウウオ。群れになってクリーニング

されていました。みんな背びれをツンツン立てていました。

20110629-01カスミチョウチョウウオ

  

ヒオドシベラの超幼魚がなぜかカスミチョウチョウウオにベッタリ。

今の所ここがお気に入りのようです。透き通っていて凄く綺麗。

20110629-03ヒオドシベラyg

  

グルクンも多かったです。水面近くで群れをなしていたクマザサハナムロ。

太陽の光を浴びて凄くおいしそうに見えました。

20110629-02クマザサハナムロ

  

チゴウミウシ系のシーズンのようで、この頃増えてきています。

写真はパスタチゴミノウミウシです。

20110629-05パスタチゴミノウミウシ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存