ウミタケハゼ

  

天気:曇り 気温:25℃ 水温:26℃ 透明度:30m 

  

北風も弱くなって最高のダイビング日和。

今日もマダラトビエイが登場でドキっとしましたが、

リクエストのマクロを中心に探索ダイブを楽しみました。

  

ゆるやかな流れがあり、センジュイソギンチャクが閉店状態。

センジュイソギンチャク

  

そこにはスケルトンボディーに白い眼だけのエビが

無数に群がっていました~。

エビ

  

小さいウミタケハゼ。

こちらもほぼスケルトンボディに眼だけ。

ウミタケハゼ

  

狙ってるわけではないけど、でも毎日お会いしている

イロブダイ幼魚。この場所が気に入ってるんですね。

イロブダイ幼魚 (4)

  

11月に入りましたが、まだ夏の名残で魚影も濃くて賑やか。

キンギョハナダイやカスミチョウチョウウオ乱舞でした。

キンギョハナダイ

  

甲殻類好きにはたまらないコノハガニもいました。

コノハガニ

  

この頃は、よくタイマイもみかけます。

もちろんアオウミガメはジャンジャン登場です。

タイマイ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存