ヒメヒラタカエルアンコウ登場

2011.6月16日 (木)

  天気:晴れ  気温:29℃  水温:25℃  透明度:25m

沖永良部は幼魚シーズン中です。魚影が日増しに濃くなります。

色んな幼魚が見つかりますが、よくわからない小さい魚も沢山います。

今日は久しぶりにカエルアンコウが見つかりました。まだ小さい子供です。

しかもヒメヒラタカエルアンコウです。

20110606-02カエルアンコウ

珍しくヒオドシベラの幼魚が2匹一緒に居ます。どうにか並んでいるところを

撮影したいですが、、こればっかりは難易度が高くて。無理やり写真を縮めました。

手前の大きめの個体は色がすでに半分大人で可愛さ半減ですね。

20110606-01ヒオドシベラ幼魚

沖永良部では砂地のハゼ類が乏しいですが、そんな中でも綺麗な子は

ちょいちょい見つかります。ヒメダテハゼのペアーです。すぐ後ろでは

クビアカハゼがこちらを向いていました。

20110606-05ヒメダテハゼ

こちらはミナミダテハゼだと思います。ダテハゼ系は結構難しいですね。

マスイダテハゼっぽいのもいましたが、写真判定ができず、先送りです。

20110606-04ミナミダテハゼ

こちらも識別が難しいカニさんです。暫定でトゲミズヒキガニにしておきます。

沖永良部の夏は面白い生物が結構見つかるので楽しいですよ。

20110606-03トゲミズヒキガニ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存