ギンガメやイソマグロ大群&大きなロウニンアジ

  

2011.5月2日 (月)

 天気:曇  気温:22℃  水温:22℃  透明度:20m以下

  

梅雨の大雨+畑が収穫後の時期+黄砂の影響で、海には濁った雨水が大量に

流れ込み、透明度が自慢の沖永良部の海中が濁った海に豹変してしまいました。

大物狙いには最悪のコンディションが整ってしまいましたが、なんとか堪能できました。

   

すでにシーズンオフといってもいいギンガメも見れましたし、イソマグロも大群に遭遇。

透明度が悪く群れ全体は把握できませんでしたが、結構ゆっくり見れました。

ロウニンアジも大爆発しなかったですが、巨大な個体が何度も目の前まで迫ってきて

くれて大興奮でした。

    

動画のリンク元はこちらです。

  

  

もう5月。思いっきりシーズンオフですが、のんびりギンガメの大群と遊べました。  

20110502-02ギンガメアジの大群

  

群れの大きさはどんどん小さくなってきましたが、今日は逃げる様子もなく

堂々としてくれたので助かりました。群れの真下にもいつの間にか入れました。

20110502-01ギンガメアジ

  

ロウニンアジ狙いではMAXサイズが目の前でウロウロ。感激です。

20110502-06巨大ロウニンアジ

  

ホワイトチップも大小2個体見れました。小さい子は猛スピードで逃げましたが、

大きい子はドッシリ構えて寝たままでした。

20110502-05ホワイトチップ

  

イソマグロも大群を見れました。最初の遭遇時はグシャッとまとまった感じでしたが、

透明度が悪いこともあり、なんとなく巻かれてしまいました。でもあきらめずに

探索していると、のんびり逃げない大群の本体に遭遇。大きなマグロをじっくり見れました。

20110502-04イソマグロの群れ

  

マグロ探しの途中では沢山のアオウミガメに遭遇。中でもこの子はみんなに

囲まれながらも食事を続けてくれて、楽しませてくれました。

20110502-03アオウミガメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存