ギンガメ・イソマグロ・マダラトビエイ・カメいっぱい

  

2011.3月30日 (水)

 天気:晴  気温:19℃  水温:20℃  透明度:25m

€

€ €

陸上ははっきりいって「暑い」です!水中も明るくて最高です。  

今日のギンガメアジはとんでもない所で群れていました。でも透明度が

だいぶ回復して、太陽光もたっぷり。エントリー直後から遭遇できました。

実は今日の目的はギンガメよりアオウミガメの「銀ちゃん」やイソマグロの大群が

優先でした。ギンガメはすぐに切り上げて、銀ちゃん探しに没頭しました。

姿やブロウは見れませんでしたが、今日も水中でクジラの声が聞こえました。

終わってみれば大物フル回転!沖永良部の大物シーズン満喫です。

     

動画のリンク元はこちらです。

    

  

今まででは考えられなかった場所に群れていたギンガメアジ。

潮汐や上げ下げなどの統計は、もはや何の価値もなくなった感じで残念です。

それでもまだ群れの大きさは最大級。行けるときはどんどん狙っていきますよ!

20110330-03ギンガメアジ

  

イソマグロの大群も見れました。まさしくイソマグロシーズン・スタートです!

今年の群れの特徴は、とにかく先頭の個体が馬鹿デカイこと。いつも

大きい子が先頭ですが、さらに巨大な個体がリーダーを務めています。

20110330-07イソマグロの大群

  

マダラトビエイも出ました。珍しく小さい個体ですが、のんびり真下でホバリングしてました。

20110330-05マダラトビエイ

  

今日のリクエストはどちらかというとウミガメ狙いのダイビング。

この頃の1番人気のアオウミガメ「銀ちゃん」が最終目標でしたが、

どうにかみんなで探せました。ダイブタイムギリギリまで遊んでもらいました。

20110330-01アオウミガメの銀ちゃん

  

その他、ウミガメ珍事件がちょいちょい見られました。

この子は甲羅にフジツボがついていたアオウミガメ。

カメフジツボがアオウミガメにつくのは珍しいらしいですよ。

20110330-02フジツボ付きのアオウミガメ

  

こちらも珍事件。タイマイがアオウミガメがたむろっている場所に突っ込んだため、

アオウミガメ達があわてて回避していました。ノーマルレンズのファインダーに

この距離で4個体のウミガメが入るなんて、結構すごいことになってました。

沖永良部のダイビングはやめられませんね!楽しいことばかりです。

20110330-06タイマイと3匹のアオウミガメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存