サンゴが産卵&「ギンガメトルネード!」

  

天気:曇り 気温:28℃ 水温:25℃ 透明度:25m

    

なんとギンガメトルネード登場。

今年はダイビングでさえ、まともに観察ができなかったギンガメアジ。

それなのに、季節がまったく異なるこの時期に、定番のポイントから

遠くかけ離れた今日の場所で、しかもタンクなしの状態。

向こうからこちらに向かってきて、水面直下で延々と

高速ギンガメトルネード!途中からは水底ギリギリトルネードと

縦長トルネード組に分かれてWトルネードを見せてくれました。

そういえば去年も、この時期ににこのエリアで遭遇したっけ。


動画のリンク元はこちらです。

  

スノーケリングでじっとしていると、すごい勢いで巻かれます。

でも少しでも息を止めて潜るのはNG!船が近寄っても一気に

逃げてしまいます。ギンガメ達より少し大きめのものが、水面を漂ってくると

向かってきて、しばらく引っ付き状態になります。そういう習性なんですね。

お客さんとギンガメ

  

その簡単なルールを守ったおかげもあり、ずっと目の前で

ギンガメトルネードでした。

ギンガメの大群6

  

ちなみに昨晩はサンゴの一斉産卵があったようで

水面にはサンゴの卵がたくさん。

ギンガメがいるときは素潜りはNGなのでどうしても写真に卵が写り込みます。

ギンガメの大群4

  

これだけの大群でしたが、よく見ると婚姻色の個体が2匹混ざっていました。

どんだけのハーレムなんでしょうね。これから増えると思うけど。

ギンガメの大群

  

その他、ウミガメ沢山・ホワイトチップ・ロウニンアジなど

こんなに見れていいのかってほど楽しかったです。

ギンガメの大群2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存