サンゴ調査ダイビング

 

2012 5月26日 (土)

 天気:曇り  気温:25℃  水温:24℃  透明度:25m

  

黒潮生物研究所長やヨロンの海サンゴ礁再生協議会の方と

沖永良部のサンゴ等の調査で潜ってきました。

サンゴに関することやその他の生物、隣の島の事情など

色々と勉強になることが多く、楽しかったです。

20120526-05サンゴ調査人

  

午前中は沖永良部を代表するのサンゴポイントを潜ってきました。

産卵しそうでしないコブシメがいました。  

動画のリンク元はこちらです。

  

遭遇時は少し威嚇気味でしたが、それからはそれほど警戒することもなく

どちらかというと卵を産みたい感じでした。

20120526-01コブシメ

  

サンゴの回りには小魚がいっぱい。生命のゆりかごです。

20120526-02ミドリイシサンゴ

  

テングカワハギです。久しぶりのサンゴポイントなので、この子に会うのも

とても久しぶりな気がします。単独行動中でした。

20120526-06テングカワハギ

  

1ダイブ以外はハードに礁池探索。一度にここまで沢山のビーチを泳いだのは

もしかすると初めてのことではないでしょうか。少し波がある中をガツガツ

泳ぎまわってきました。喜ばしい情報や残念な話も色々聞くことが出来ました。

20120526-07泊海岸

  

あるビーチにはもろにアオウミガメの産卵巣がありました。

でも残念ながらおそらく産んでいないようです。

20120526-03ウミガメの産卵巣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存