シイラの大群&ミヤケベラ

   

天気:曇り 気温:30℃ 水温:28℃ 透明度:25m

   

風がなくダイビング日和が続いています。

今日もどこへでも遠征できる海況でしたが、マクロが面白いエリアを

楽しんできました。ポイントによっては透明度もよくて、沖永良部ならではの

透き通った海とウミガメの相乗効果を満喫できました。

アオウミガメ

  

なんとも珍しい、シイラの大群を眺めることができました。

残念ながら直前にエグジットしたトモだけ見てない、っというワンチャンスでした。

船上でトモが悔しがっていたのは言うまでもありませんね、、(笑)。

シイラの群れ

  

テングカワハギがお祭り状態!

テング三兄弟

  

ホシモンガラ。今年は多い気がします。

モンガラ系って見逃しがちだけど、綺麗な種類もいるので要注意!

ホシモンガラ

  

何やらただならぬオーラを感じたのでした。

ミヤケベラが4匹もたむろっていたではないですか、、。

国内では珍しいとされるベラが群れてるって凄いなぁ。

ミヤケベラ

  

珍しいわけではないけど、ゴマハギの黄色バージョンはお気に入りです。

それが多い今年は個人的に楽しくて仕方ないです!

ゴマハギ幼魚

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存