シテンチョウチョウウオのペアー

2012 11月5日 (月)

 天気:曇り 気温:24℃ 水温:26℃ 透明度:30mオーバー

透明度戻りました。天気が良ければもっと綺麗だっただろうけどね。

おかげで遠くのマダラトビエイやイソマグロの群れ、バラクーダまで

見つける事が出来ました。

個体数が少ないチョウチョウウオを探しにポイントへ。

シテンチョウチョウウオのペアーがお出迎えしてくれました。

台風の影響を受けにくい生き物もいるんですね。

ロングノーズピグミーも健在です。見てるだけで首がつりそう。

ベニヒレイトヒキベラもいました。写真は撮りにくいけど

好きなダイバーには見逃せない1品です。

オドリハゼを撮影していると、目の前はテングハギモドキだらけに。

実は個人的にこの群れが大好き。

安っぽい魚のシルエットがポイントです。

珍しくタイマイが2匹で戯れていました。アオウミガメならたまに

目撃するシーンですが、単体でも珍しいタイマイのこのような

シーンは初めて見た気がします。追いかけあっていて楽しそうでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存