キンメモドキの大群が全盛期

2011.7月6日 (水)

 天気:晴れ  気温:29℃  水温:26℃  透明度:25m

  

見どころが満載のシーズンです。小魚たちの魚影も濃くなり水中が賑やかです。

キンメモドキの群れもまさに全盛期。見ごたえありますよ。

動画のリンク元はこちらです。

   

大物もちょいちょい出現しました。まずはマダラトビエイ。優雅に飛んでいました。

アオウミガメもちらほら登場。やっと「岬ちゃん」の寝床の場所が分かりました。 

20110706-03マダラトビエイ

  

大小2匹のホワイトチップが登場してくれました。こちらは結構急いで泳いでいました。

20110706-02ホワイトチップ

  

セダカギンポの親指サイズです。小さいほど可愛いのはどうしてでしょうか。

フラッシュを上手に当てるのに苦労します。アタフタしていると逃げるのね。

20110706-05セダカギンポ

  

こちらもストロボ泣かせですね。奥に逃げられると厳しいときがあります。

でもやはり小さいサイズほど可愛いのね。今が旬の被写体が多いです。

20110706-04ミナミハコフグyg

  

プリンセスも夏限定のターゲット。その中でも運が良くないと遭遇できません。

遭遇できても写真がとても難しい魚です。今日はこの写真で精一杯でした。

肉眼だと黄色のラインが妖しいくらいメチャクチャ綺麗なんですよ。

20110706-01ヤクシマキツネウオ

  

ツノゲミノウミウシです。お会いしたのはこれが3度目くらいです。

20110706-06ツノゲミノウミウシ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存