セボシウミタケハゼ

  

天気:晴れ 気温:30℃ 水温:28℃ 透明度:30m

  

怒涛の台風ラッシュがやっと収束したかと同時に、穏やかな

海が約束された天気が続く予報です。

透明度もグッと上がり、ワイドな気分ですが、、、

ガッツリマクロを観察してきました~。

    

セボシウミタケハゼの顔面アップ。

泳ぎ方(捕食?)がとてもカワイイのだ。

セボシウミタケハゼ

  

でっかい、スケロクウミタケハゼさんでした。

スケロクウミタケハゼ

  

オオガラスハゼがオシャレな宿に住んでました。

オオガラスハゼ

  

極小サイズのハナミノ。

1cmにも満たない子で、奥のほうにグッと入ってました。

ハナミノカサゴ幼魚

  

ハタタテ集団を率いていたのはアケボノでした!

リーダー・アケボノハゼ

  

よくいるハルピリオプシス・スピニジェラなんでしょうか。

いつも尻尾を上にしてるイメージだし、配色的にも

なんか違う雰囲気があったんだけど・・。

ハルピリオプシス・スピニジェラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存