ソデイカの卵

  

天気:晴れ 気温:22℃ 水温:20℃ 透明度:20m

  

GW前半の締めくくり。ギンガメ、マグロ、ロウニンなど大物総なめにしてきた

お客さんの最終日は沖永良部が誇るマクロ生物オールスターで楽しんできました。

とは言いながら、ごん太バラクーダやアカウミガメの大接近、ロウニンも出たり、

ちょいちょい想定外の事件は起きましたけどね。

    

高気圧が島を覆ってくれています。風無→波無のこの上ないコンディション。

港に浮かんだ船が、まるで宙を浮いているかのようでした。

浮いた船

  

小さいクダゴンベ。イソバナに絡まって可愛かった。

クダゴンベ 

  

ジャパピグさん。お客さんが見たことなかったタイプが最初に

見つかってよかったです。

ジャパピグ 

  

アカツキハギです。元気いっぱいに蹴散らしていました。

アカツキハギ

  

ソデイカの卵らしき塊が出現。その中で小魚が挟まっていました。

この時期は何かと面白いものが流れてくるので気が抜けません。

ソデイカの卵

  

五体満足で綺麗なテングダイ。このポイントの”ヌシ”です。

テングダイ

  

ウミウシまだまだオンシーズンです!綺麗なのが勢ぞろい。

写真はベニゴマリュウグウウミウシ。

ベニゴマリュウグウウミウシ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存