ゾクゾクとホワイトチップ

  

天気:曇り 気温:28℃ 水温:28℃ 透明度:25m  

    

爆弾低気圧の影響もあって北風になりました。

っていうことで、昨日とはガラッと港を変えて冬のポイントへ。

エリアが変わると見所も正反対、、、。

マクロもそれなりに楽しみましたが、定番のアオウミガメやタイマイのほか

イソマグロ、ツムブリ、カスミアジ、マダラトビエイ、ロクセンヤッコ、アカククリ。

マダラトビエイ

  

凄かったのはネムリブカ。狙ってないエリアで単体がどんどん登場。

寝場所を探ったわけではないから、みんな悠然と泳いでいて

遠かれ近かれ、それはそれで見ごたえ十分でした~!

延べ7、8匹くらい?何匹見たのか分からくなるくらいでした。


動画のリンク元はこちらです。

  

今まさに、ヒオドシベラ幼魚が沢山です!

こんなに個体数が多いのは、今までになかったなぁ。

今年どこでも沢山見れた生物が、来年はまったく見れなくなることも・・。

今、目の前にいる生物をジックリ観察する!とにかくこれしかないです!!

ヒオドシベラ幼魚

  

ずっと満開のイソバナも、台風の影響で・・ね~。

綺麗と思ったときに撮る!これでしょ。

イソバナ

  

透明度もちょっと落ちたでしょうか。

それでも透明度抜群のシーズン。

エラブブルーに癒される毎日です!

エラブブルー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存