ハダカハオコゼの子供たち

2012 9月22日 (土)

天気:曇り 気温:27℃ 水温:27℃ 透明度:20m

引き続き「ウミガメと遊ぶ」がテーマでしたが、

時々チーム分けしてマクロも観察してみることに。

少し足を延ばして、ハダカハオコゼエリアに行ってきました。

普通の成体の近くには親指の先っちょサイズの子供が2匹。

大人は基本動かない魚ですが、子供だからか動きが俊敏で

しかも軽快でした。

念願のウミガメ「ミサキ」と遊べてご満悦!

クラゲの捕食に夢中になって、遊んでくれない時もあったけど、

最終的にはベッタリつきっきりで遊んでくれました。

久しぶりに深場コースも堪能。色々見てきました。

写真はオキナワサンゴアマダイ。

台風直後よりマクロも復活傾向な気配を感じます。

写真はホシゾラワラエビ。他にもエビカニが結構見つかりました。

ちぎれた海藻が絡んだ状態のイソバナ類がよく目につきます。

こちらも酷かったので掃除しているとトラフケボリダカラガイが

2匹でてきました。絡んだままだと折れてしまうようで心配です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存