ハンマー、トビエイ、ロウニン、マグロは超大群!ギンガメは復活の兆し?

  

天気:雨 気温:14℃ 水温:21℃ 透明度:25m  

    

北風に戻りなぜか雨の一日。久しぶりに冬が戻ってきました。

が、水中は「春の役者勢ぞろい!」プラスαでかなり暑かったです!!

ギンガメも寄れなかったけど、大きい群れで綺麗なトルネード状態を確認。

本格的なギンガメシーズン再来の兆しを目の当たりにできました。

  

僕らが寄り切れないギンガメアジに、先着で寄り切っていた

ウミガメの銀。泡を出さないように水面移動も試してみたけど

ギンガメはまだ心を開いてくれませんでした、、。


動画のリンク元はこちらです。

  

ロウニンアジもオカルトサイズが眼の前に!

洞窟を抜けるとナシジイソギンチャクが浮遊していました。

ナシジイソギンチャク

  

エントリー直後からクジラのラブソング♪

遠くから向かってきた小さいマダラトビエイから始まり

イソマグロ大群!→ちょっと大きめのマダラトビエイ2枚!

その間にいつの間にか分け入っていたハンマーヘッド!

マダラトビエイ

  

イソマグロは何匹いたのかわからないほどで、

後半もグシャッと群れていました。

トビエイも最後の最後に再々登場で、沖永良部の

大物シーズン爆発の1日でした~。

イソマグロ