ヒレオビウツボ&ヒオドシベラyg

    

2011.6月7日 (火)

 天気:晴れ  気温:30℃  水温:26℃  透明度:25m

    

この頃ウミガメの産卵が多くなってきました。早い時期に産卵を迎える

アカウミガメに続き、ようやくアオウミガメの産卵も始まりました。

左側がアカウミガメ、右側がアオウミガメの足跡です。

20110607-06アカウミガメとアカウミガメの足跡比較

  

水中でアカウミガメに遭遇できるのは産卵時期までの半年間くらい。

遭遇するのは発情した雄がほとんどですが、今日は珍しくメスに出会いました。

20110607-01アカウミガメのメス

   

ウツボ好きなお客さんにこの前見つけた珍しいウツボを紹介できました。

ヒレオビウツボは国内では貴重な種類なようです。小さくてかわいいサイズ。

20110607-07ヒレオビウツボ

  

色々なウミウシを見つけましたが、代表でレモンウミウシをUPです。

普通種ですが、沖永良部で見たのはこれが2度目。見つけ方が悪いのか。。

堅そうでコロコロしているし、生き物の感じがしないのが特徴です。

20110607-05レモンウミウシ

  

こちらも貴重なヒオドシベラの幼魚です。なんと同じ場所に2匹います。

写真は少し大きめの個体で若干色がくすんでいます。小さい方が綺麗です。

20110607-03ヒオドシベラ幼魚

  

この頃テングハギモドキやニザダイの群れが騒がしいです。集団で目の前に

現れてみたり、猛スピードで遠ざかってみたり、何がしたいのか分かりません。

近くてサバヒーやイケカツオがウロウロしていましたが、それが原因でしょうか?

20110607-04テングハギモドキ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存