ピグミーシーリーズ&本気のフリソデ

2012 7月7日 (土)

天気:晴れ  気温:30℃  水温:28℃  透明度:25m

まずはピグミーシリーズでスタート。夏本場でピグミー大量発生中です。

小さいので写真判定ですが、こちらはコールマンピグミーです。

観察中にお引っ越し。移動した先は少しオシャレな場所でした。

先に見つけたのはゴルゴニアンピグミー。どちらもジャパピグですが、

個人的にゴルゴニアンは好きになれないなぁ。色が地味なせいかな?

のべ20匹以上のピグミーと戯れた1日でした。

フリソデエビは昨日で一安心していた最中に、本気のフリソデエビがふとした

きっかけで見つかってしまった。昨日までの努力を返してほしい・・・。

大きい子なので、せめてこの夏はずっと居座ってほしいです。

大好きなヒトデにガブリついていましたよ~。

ハダカハオコゼです。やっぱり赤色が一番目立つかな。

今年はアカが少ない気がしていたので嬉しいです。

ウミウシ色々見つかりました。写真はミノウミウシの種類ですが、

名前は今のところミノウミウシの仲間としか言えません。

昨日に続いて、イボハダハナヤサイサンゴの出産が見れました。

専門家によるとこのサンゴは「夏に放精放卵し、晩夏に保育した幼生を

放出するという、二つの産卵パターンをもつ珍しい種」だそうです。

写真の中央上部の丸が出産されたプラヌラ幼生です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存