フタイロハナゴイ&ヘルフリッチ

  

2011.12月14日 (水)

  天気:曇り  気温:21℃  水温:25℃  透明度:25m

  

気温より水温が高い日が続いています。春が来るまではこの調子が続くことでしょう。

しとしと雨の予報でしたが、太陽がちらほら。体感温度は数字より暖かく感じる一日でした。

  

このごろのマイブーム「フタイロハナゴイ」の根に行くことができました。

今の沖永良部ではとても貴重な魚で、奥にいるケラマハナダイもここでは貴重です。

背びれや尾びれを縁取る色がとてもきれいです。水中でも蛍光色に見えました。

20111214-01フタイロハナゴイ

  

こちらは世界的にもレアものとされるヘルフ様。ホクロがついているようです。

現在20m付近に出現中です。いつまでもここにいてくれるといいですね。

20111214-02ヘルフリッチ

    

ハナヒゲウツボもちらほら見てきました。もはや成魚と変わらない大きさの

真っ黒な幼魚や、その近くではヒオドシベラygも見れました。

20111214-06ハナヒゲウツボ

  

実は大物も狙って潜った1日で、なんとかマダラトビエイに遭遇。

もちろんウミガメはたくさん見れましたよ。

20111214-05マダラトビエイ

  

イソマグロも見れました。遠くからこちらに向かって泳いできてくれたので

助かりました。砂地の上で見たせいか、全体的に白っぽく見えました。

20111214-04イソマグロ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存