フリソデエビ、トゲミズヒキガニや珍しいウミウシ

  

2011.2月2日 (水)

天気:曇り  気温:16℃  水温:20.8℃  透明度:20m

  

昨日の夕方からほとんど無風状態の沖永良部。

今日はすごく久しぶりに夏のポイントで潜ることができました。

厳しかった寒波も一休みで、しばらく気温が20℃近い日々が続く予報です。

久しぶりに夏のポイントに潜ったので、いろんな生き物たちが前に見た場所に

いなくなっていて、また一から探すことになりました。ハダカハオコゼもいつもの

場所の子はいなくなってました。

それなのに今日はハダカハオコゼが群れている場所を発見。紅白合わせて4個体が

1mくらいの範囲で住み着いていました。

動画のリンク元はこちらです。

一時はいなくなっていたテングダイです。アラレフグと仲良く一緒でした。

20110202-01テングダイ

白いハダカハオコゼは結構ピン切りで、この子は比較的純白でした。

近くには赤のハダカハオコゼが3匹もいてびっくり。ハダカハオコゼ地帯発見です。

20110202-06ハダカハオコゼ白

今日はフリソデエビの登場です。水深の浅いところにももう1匹見つかりました。

夏のベストシーズンまでもっと大きく成長してくれると嬉しいなぁ。

20110202-03フリソデエビ

ここでは珍しいトゲミズヒキガニがいました。

ハサミがついている後ろ脚で見事にカモフラージュをしていました。

目の飛び出ている感じが地球の生き物には見えませんね。

20110202-02トゲミズヒキガニ

フラベリーナ・マルクソルムの子供でしょうか?でも違うような・・わかりませんね。

20110202-05これは何ウミウシ

こちらも初対面のコトヒメウミウシ。名前がいいですね。動きが速い子でした。

20110202-04コトヒメウミウシ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存