ホワイトチップやアオウミガメのペアー??

  

2011.2月14日 (月)

 天気:雨  気温:15℃  水温:20.3℃  透明度:25m

€

最近クジラが見えませんが、今日も声は3本ともはっきり聞こえました。

天気が悪いので、船上からブロウを見つけるのは困難ですね。

朝一前線が通過。北風に変わり朝より昼間の方が冷えました。

ピグミーついでに沖のギンガメもどうにか見れましたが、昨日より凄く少なくなっていました。

ということは、もしかするともしかするのかもしれませんね。乞うご期待って感じです。

  

大人サイズのホワイトチップが仲良く寄り添ってました。

もう1匹近くに居ました。バレンタインデーだというのに、複雑な関係でしょうか。

20110214-06ホワイトチップ

  

こちらは仲良く2匹が近くで爆睡でした。ウネタケにもたれて気持ちよさそうでした。

20110214-07アオウミガメ

  

最近めっきり写真を撮らせてくれなくなってきたヒオドシベラyg。

そろそろ巣立ちの時期が迫っているのかも知れません。

透明だった箇所も気持ち白濁してきたような気がします。

20110214-05ヒオドシベラ幼魚

  

ハナゴンベがたくさんいる場所があります。幼魚は特に綺麗ですね。

20110214-04ハナゴンベ幼魚

  

カザリイソギンチャクエビがオドリハゼの近くに住んでいました。

オドリハゼはたくさんいますが、みんなシャイなので手こずります。

20110214-01カザリイソギンチャクエビ

  

今日のウミウシはオトヒメです。蛍光ブルーが綺麗。

今シーズン、特に最近は良く見かけます。

20110214-03オトヒメウミウシ

  

沖永良部では夜光貝を良く見つけることができます。

でもこんな凄いヤコウガイは初めて見ました。殻に立派なサンゴがついていました。

褐虫藻の光合成やヤコウガイとサンゴが一緒に過ごしてきた長い年月など

いろんなことを考えると、こうなっていることが奇跡としか言えないような気がします。

20110214-02ヤコウガイ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存