マグロ沢山いたんだけど・・・・残念!

  

天気:曇り 気温:24℃ 水温:23℃ 透明度:25m

  

透明度回復で~す!久しぶりに「エラブブルー」が帰ってきた感じ。

見えすぎたのがいけなかったのかなんなのか、マグロも大群が

見えたと思うと距離をとられ、近寄れない我慢の1本がありました。

ブリーフィング通りに動いてくれたお客さんたち。これ以上ない

完璧なアプローチをしてくれました、にも関わらずマグロたちに

ギリギリ見えないほどの間合いを取られてしまって

潮の加減かマグロの気分なのか、、すぐそこに沢山いるのに

近づけなくて、とても悔しい気持ちです。

  

ウミガメはどんどん出現でした。大きな、でも2匹だけのツムブリや

小さな、でも4匹しかいないカマスなど、煮え切らない雰囲気が

漂ってしまった一日でした。

アオウミガメ

  

イシガキカエルウオの目はパッチリ煮え切り状態。

口が半開きでかわゆい。

イシガキカエルウオ

  

クマノミの子供だらけのイソギンチャクもあったり

オキナワスズメダイの幼魚もちらほらしてきました。

クマノミ幼魚

  

流れ無、波無、風無と3拍子揃った3本目。

ゆるゆるな水中環境のせいか、群れにまとまりがかけていましたが

まったりダビングでしめくくりでした。

ノコギリダイ

  

フタイロをしっかり見せてくれたフタイロカエルウオいました。

いつもすぐに隠れてしまうので、一色しか見れないこと多いから。

フタイロカエルウオ

  

とっても幼魚なわけではなくて、近寄りきれないマダラタルミyg。

マダラタルミ幼魚

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存