ミナミハコフグにコバンザメが付いてました

 

今日はファンダイビングと体験ダイビングとしてきました。

ファンダイビングは基本的にまったりダイビングを楽しみましたが、

それでも色々見れました。今のシーズンは幼魚が多いですね。

テングカワハギも幼魚がいました。東のポイントでは結構見つけますが

この辺りでは貴重です。動きが可愛いので動画が面白いですね。

今日の一押しは間違えなくミナミハコフグについていたコバンザメ。

小っちゃくて傑作!チョンマゲが付いているラーメンマンみたいでした。

 

動画のリンク元はこちらです。

 

サンゴの群生を見に行きました。沖永良部島では最大級の群生です。

20100816-01サンゴの群生

テングカワハギ幼魚、ヤリカタギ幼魚、トゲチョウチョウウオ幼魚など

色んな魚の幼魚が目につくこの頃。

サンゴが「海のゆりかご」とか言われる理由がはっきりわかります。

20100816-02テングカワハギ

 

そんな時期ですのでイロブダイの幼魚も今が狙い時。どこでもちらほら見かけます。 

20100816-04イロブダイの幼魚

 

ウミウシシーズンも終盤だというのに、出ましたレアもの「クセニアウミウシ属」。

すっごいグルグルが綺麗で大きい個体は肉眼ではっきり仲間で見えるほどでした。

20100816-03クセニアウミウシ属

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存