モンガラカワハギの幼魚

  

2013 2月5日 (火)

天気:曇り 気温:22℃ 水温:20℃ 透明度:25m

  

透明度がいくらか回復しましたが、それでもまだ海の中は

何が起きてもおかしくない、怪しい雰囲気が漂っています。

その影響かヨコシマサワラの群れに遭遇。数匹のカマスサワラは

たまに見るけど、こんなのは沖永良部では初めての体験でした。

最後には遠くにクジラを発見!楽しみが増えますね。

  

アミメチョウチョウウオです。珍しくクリーニングポイントに

居る所を見つけました。たまには掃除が必要ですよ。

アミメチョウチョウウオ

  

モンガラカワハギの幼魚です。

大人も綺麗だけど幼魚は水玉模様が特に魅力的。

モンガラカワハギ幼魚

  

昨日はすばしっこい子供で苦労しましたが、今日は本命の個体を

しっかり観察してきました。擬態してる感じが伝わります。

クダゴンベ

  

おびただしい数のグルクンの群れでした。美味しそう。

グルクンの群れ

  

沢山のアオウミガメが登場してくれました。

中にはとってものんびりな子がいて愛嬌たっぷりです。

アオウミガメ

ウミウシシーズンなので綺麗なウミウシいっぱい見てきました。

写真はウミウシにらしくないウミウシNO1?のスミゾメミノです。

スミゾメミノウミウシ