ヤッコエイやヒレナガカンパチ

  

2011.6月20日 (月)

  天気:曇  気温:30℃  水温:26℃  透明度:30m

 

ジワジワ水温が上昇中のこの頃。海中は透明度が回復してきました。 

マクロが楽しいシーズンですが、大物もちらほら登場してくれました。

まずはヒレナガカンパチと遭遇。2匹で泳ぐことが多いのに珍しく単体でした。

その代りナンヨウカイワリ数匹と一緒に遊んでくれました。

20110620-01ヒレナガカンパチ

  

沖永良部ではたまに出現するヤッコエイです。愛嬌たっぷりの泳ぎ方をします。

20110620-04ヤッコエイ

  

安全停止中にはアオウミガメの岬ちゃんが近づいてきて、グルグル回って

くれました。こちらもひまなので、少し一緒に泳いで遊んであげました。

見かけたら相手をしてあげてくださいね。岬ちゃんの特徴は左前脚の先端が

ちぎれそうになっていることと、甲羅のお尻先端が割れていることです。

20110620-02岬ちゃん

  

アカウミガメのメスにも遭遇しました。甲羅にフジツボ付きでした。

メスだからでしょうかかあまり近くに来てくれませんでした。

20110620-03アカウミガメのメス

  

今日はウミウシ少なめでしたが、そこそこ見つかりました。

写真はモンコウミウシです。動きが素早くて元気いっぱい。

20110620-05モンコウウミウシ

  

意外なところにトウカムリガイがいました。

トウカムリガイが多いポイントならもっとウジャウジャいます。

20110620-06トウカムリガイ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存