大物からマクロまで色々登場でした

 

2011.6月9日 (木)  

    天気:晴れ  気温:30℃  水温:25℃  透明度:25m  

    

沖永良部の大物シーズンはイソマグロの産卵行動で幕を閉じます。

これが終わるとイソマグロの大群は見れなくなり、ギンガメアジが出現するまで

マクロシーズンをじっくり楽しみます。今年の大物シーズンは例年より

ロウニンアジの当たりが多かった他、ハンマーにも良く遭遇しました。

しばらく会えない?と思うと、大物好きの僕には少し寂しいです。

  

今日はそんなシメのイソマグロの産卵行動が見れました。

イソマグロとしては決して大きくないサイズが3匹でグルグル回ってくれました。

連日の巨大ロウニンアジも登場し、大物シーズン終盤を賑わせてくれました。

20110609-02イソマグロ

  

小潮にしては流れがあり、潮がぶつかるドロップオフではカスミチョウチョウウオが

綺麗に群れていました。キンギョハナダイや稚魚も増えて見ごたえありです。

20110609-06カスミチョウチョウウオ

  

シラタキベラダマシが帰ってきました。でもオスだけで、メスが見当たりませんでした。

20110609-01シラタキベラダマシ

  

やっと風が弱くなり、ハナヒゲ成魚がいるポイントに行けました。

沢山のハナヒゲウツボに出うことができました。真っ黒の幼魚も見れました。

20110609-03ハナヒゲウツボ

  

今日もとても沢山のウミウシを見れました。写真はシノビイロウミウシです。

20110609-04シノビイロウミウシ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存