本当は綺麗な幼魚たち

  

天気:雨 気温:26℃ 水温:26℃ 透明度:15m    (ビーチポイント)

  

なんとか雨に降られることなく楽しんできました。

風が回る一日で蒸しっとしていましたが、おかげで暖かく感じました。

  

いつもは紹介しない、脇役シリーズの幼魚たちをご紹介です。

まずはカンムリベラ幼魚。模様が変わっていくことで有名ですが、

小さいころの柄がやっぱり綺麗かな。

カンムリベラ幼魚

  

シマハギの幼魚たち。群れて海藻をバクバク食べていました。

台風後に海藻の新芽が生えている状態で、人間の僕が見てもうまそうでした。

シマハギ幼魚

  

モンツキハギの幼魚かな。まだ全身が黄色くて大人とはかけ離れた姿です。

モンツキハギ幼魚

  

小さいけど太ったウミガメさん登場。

太ったカメ

  

ウミウシもちょいちょい登場。写真はシロハナガサウミウシ。

凄い形ですよね。白いウミウシは僕の大好物!

シロハナガサウミウシ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存