沖永良部島のミドリイシサンゴの群集

€

最近のニュースで久米島の水深15縲鰀35mの海域に広がる大規模なサンゴ群集が確認されたと報道されていました。

WWFも駆けつけて大騒ぎになっているようです。

沖永良部島の海関係者のほとんどの方が知っていることですが、この海にもミドリイシのサンゴ群集があちこちにたくさんあります。

 

沖永良部島にあるのミドリイシサンゴの群集の映像

 [youtube]http://www.youtube.com/watch?v=it85H_unLIM[/youtube] €

島の北側を潜れば結構いたるところにあるので、全体でどれくらいあるかは把握できないですね。

リーフ内や浅瀬のサンゴと比べると水温が上がりきらない環境だからもちろん白化も起き難いし、

オニヒトデの幼生も生存しにくい環境だからサンゴが元気なのは納得ができます。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=wm7RX5ECyqs[/youtube] 

沖永良部島の海はかなり恵まれた環境なんですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存