相次ぐ「マクロの引っ越し」

2011.8月9日 (火)

天気:晴れ  気温:28℃  水温:27℃  透明度:20m

昨日よりだいぶ良くなりましたが、まだ台風9号の影響が残っています。

またその爪痕も多く、特にマクロ生物には大きな影響がありました。

台風前まで完全な二枚潮だった沖永良部ですが、さすがに長い間

大きなうねりにさらされ続け、水深による水温の格差がなくなりました。

そのためかこのごろ若干水温が低下。透明度はじきに回復するでしょう。

痛いのはうねりの影響をうけやすいマクロ生物たち。ハダカハオコゼも

たくさんいたのに、そのほとんどが引っ越しをしてしまった様子。

その他砂に埋もれた石や折れたイソバナ、割れたカイメンなど。

20110809-06ハダカハオコゼ

そんな中でも台風に負けずにしぶとくいつもの場所に残ってくれた

生物もちらほら。うれしい再会&ホッとする瞬間です。

20110809-04クダゴンベ

初めてお目にかかるウミウシにも出会えました。

名前は「ネムブロータ・リビングストンイ」なんとも発音しにくいです。

20110809-03ネムブロータ・リビングストンイ

「紳助社長のプロデュース大作戦 沖永良部」で水中映像提供。

アオウミガメとダイバーご夫婦が写真を撮っている時の映像です。

このご夫婦はザトウクジラが水中を泳ぐ姿を見れたラッキーな方たち。

水中映像提供「お見合い大作戦・第3弾 沖永良部島」

こちらもウミガメ大好きなご夫婦ダイバーで、アオウミガメの

「銀ちゃん」に会いたいというリクエストで、見事に「銀ちゃん」に遭遇、

一緒に泳いでいる時のシーンです。最高の思い出になるといいです。

映像提供「紳助社長のプロデュース大作戦 沖永良部島」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存