“オリンパスTG-3で撮る”沖永良部島

天気:晴れ 気温:31℃ 水温:27℃ 透明度:20m

今日のブログは特別にリピータさん(常住実穂様)撮影の写真を拝借!

カメラはオリンパスTG-3。外部ストロボなし。もちろん外付けレンズなし。
小さい手持ちライトと内臓ストロボ、カメラを使いこなせばここまで撮れる!!

TG-4やTG-5、そしてミラーレスなど上位カメラをお持ちの方は
もっと簡単にこのような写真が撮れる!!ってことになります。
2泊3日の沖永良部島ダイビングツアーの成果をご覧ください。

シコンハタタテハゼ=ヘルフリッチ
撮影したご本人はヒレが開いてないってことで100点では
なかったようですが、、
ここまでピントきてればガイドとしては200点です。

ヘルフ
ハタタテハゼ属4色ゲット!
アケボノハゼはウジャウジャしてますから、、

hay

難しいかったのは、もしかしてオリヅルエビだったのかも?

ori

サンゴの奥に居る被写体もカメラを使いこなす
”腕”があればここまできっちり撮れますYo~!

pan

ダルマハゼほどおとなしくなくても
頑張ればチョコチョコ動くジャパピグでさえ
ここまでちゃんとピント。

pigumi

ジャパピグと同じくらいの大きさだけど、海草が
揺れる分、撮りにくい志村けん。
構図まで考えて撮る余裕すら伝わる一枚。

fis

今日一番のオデブさん。
撮影慣れした感じが嬉しいのか悲しいのか、。

hira

フリソデさんは相変わらずヤンチャで。
それくらいで勘弁して~~て感じ。

huriso

神ですよ”神”
しかもさらに小さいので”神の子”
プライベートで撮影ダイブに行きましたが会えず、、、。
そんなもんです、、、まさに”神”

kami