セアカコバンハゼの卵

天気:晴れ 気温:21℃ 水温:22℃ 透明度:25m

晴れて透明度もまあまあ。
浅場のスジクロハギが綺麗で癒される。
群れで足早に近づいてくるときは
グッとくるものがあります。

なんかここ数年で個体数が急増してるような
感覚のセアカコバンハゼ。

違うサンゴでもそこのエリアでは卵だらけ。
いつもより隠れず卵を守ってるので
撮影するには今がチャンス!
真冬の水温から1℃くらいしか上昇してないのに
海の中は産卵してたり幼魚も増えてきたし。
楽しくなってきた~

ラベンダーウミウシ

ウミカラマツエビ
なかなかなスケルトン

それに比べて分かりやすいジーファーテナガカクレエビ。
ですが、、、あまり個体数いない

GTダイバーズの新型コロナ対策