タイマイに求愛してみたらこうなった

  

天気:雨 気温:19℃ 水温:22℃ 透明度:20m  

ボートダビングの時、未だに投錨して係留する沖永良部島では、

どうしても水中移動を始める前にアンカーが絶対にハズレない

状態に調整する作業が必要です。その作業時間がお客さんの

ダイブタイムに影響しないように、ガイドが誰よりも早く潜行しアンカーの

調整が終わった頃に皆さんがエントリーするように心がけています。

(エントリーの水面サポートはアシストがしているので)タイマイにたたかれる

そんなわずかな一人だけの水中時間、、長いときで5分くらい、、。

実は色々なことが起きるものです。話が長くなるので割愛しますが

お客さんが見れてナンボの商売ですので、本来僕だけいい思いをしても

直接的には意味がないわけで、、。

タイマイの顔

今日もエントリー直後、遠くにタイマイがすでに遠ざかる方向で泳いでいる。

たかがタイマイ、、されどタイマイ、、っていうか、色々見せれるに越したことはない!

数分後にはお客さんがエントリーするだろうの状態で、今年も何度か成功してる

アカウミガメへの求愛行動を真似た泳ぎを、、なんとか遠ざかるタイマイを

呼び戻し、ここにもう少しだけ、お客さんがエントリーして落ち着くまで

引きとどめることができたら、、と思いやってみました、、大成功~~。

遠ざかっていくタイマイが戻ってきて、そのあとは、、

動画のリンク元はこちらです。

お客さんがジックリ見れるまで引きとどめる事が

できてなによりでした。。

タイマイ

  

初めて?熱く語ってしまいましたが、その他の今日の記録です。

浅場に帰ってきてカエルウオ&ギンポ三昧。

写真はモンツキカエルウオですが、ハナカエルウオっぽいのもいました。

モンツキカエルウオ

  

イエローピグミーに

イエローピグミー

  

イエロー金平糖。

イソコンペイトウガニ

  

カスミチョウチョウウオをメインに魚影が集中してました。

ずっと眺めていたい感じでした。

カスミチョウチョウウオ

  

セグロチョウチョウウオのペアー。

熱帯雰囲気の色合いです。

セグロチョウチョウウオ

  

相変わらず、ハナゴイも凄かった~。

ハナゴイ

  

こちらはハナゴンベ。

ハナゴンベ

  

ヒトスジギンポも表情があって飽きないね~。

ヒトスジギンポ