マツカサウオ幼魚

天気:晴れ 気温:24℃ 水温:23℃ 透明度:20m 

午前はガッツリマクロ。
午後からメンバーも変わってドリフトダイブ!

相変わらず透明度が悪すぎる、、。
海藻がたくさん茂ってる&よくみると小さい粒が
ふわふわ漂ってて、、原因はこれかな~~。

カールおじさんは一人ぼっちを撮るのが正解か悩むよね。
おじさんが群れてるのも捨てがたい!!

異種だけど大きめのフグさんが寄り添ってるって
こんなこともあるんですね~。
楽しそう!

ペラピグらしさがなくてお腹が太い!!
オスなんでしょうね~~。
もうすぐ放出されるであろう子供たちって、タツノオトシゴの
形をしつつも、この小さい体から出てくるってことは
ヤバいレベルのマクロ状態ってことなんでしょうか、、。
お目にかかりたいもんです。

マツカサウオも極小サイズ。
成魚をそのままギュッと縮小した感じ。

ミカドウミウシの子供。
大人もキレイだけど子供はもっと魅力的!