子供のギンガメアジ群れとイソマグロ

 

1本目はピグミー組とギンガメ組に分かれて潜りました。 

ピグミーは残念ながら不在でしたが、探している前後でギンガメが接近。

まだまだシーズン前なので、子供の群れしかいませんが、結構

近くで見れました。

 

『ギンガメアジ』の子供。子供の群れは少ない、深い、逃げるの3拍子です。

101010-04ギンガメアジ

 

『エビ穴』には最近キスジカンテンウミウシがよくいます。

ロウニンアジは不在でした。

101010-03キスジカンテンウミウシ

 

沖永良部島には『モンツキカエルウオ』が沢山います。

引っ込みにくい良い個体を探すのが、いい写真を撮るためのポイントです。

101010-05モンツキカエルウオ

€   

『アオギハゼ』が大小沢山いました。よく見るとすごく綺麗な魚なんですよ。

101010-02アオギハゼ

€

€

いつもと違うポイントで『ウルトラマンホヤ』を発見。

この時期にしては、立派な状態のものが多かったです。

101010-01 ウルトラマンホヤ