新たな収穫ギンガメアジ

天気:晴れ 気温:28℃ 水温:26℃ 透明度:15m   

久しぶりの太平洋側です。
台風がもろにあたったエリアなので不安もありつつ、
新たな出会いにも期待しながら、、、。

現実の水中はかなり厳しいものでした。
今まで味わってきた壊滅度ベスト3に入る感じ、、。
細いサンゴは折れソフトコーラルは消滅。
砂地は綺麗に岩場に変化し何故か浅場のサンゴが白化。
さらに雨の影響か濁りも入り、、。
せっかく来てくれたお客さんに申し訳ない気持ちでいっぱい。

とはいえ、新たな出会いもあったりして。
小さいながらもイソマグロの群れや
ギンガメアジの群れも。
この時期に出会えたのは収穫ありです。

信じられない場所でシテンチョウチョウウオも。

ヨスジフエダイはかなり増量してたし
以前より仲良くなれた感触。

胴体を隠してシケを乗り切ったナデシコじゃぱん。

穴に蓋をして??台風対策??
次々に押し寄せる10m以上の波をしのいだ
モンツキカエルウオはいたるところで健在でした!!

サンゴの成長や透明度の回復が早いのも沖永良部島の特徴。
まずは秋ならではのエラブブルー復活に期待です!!