ダイビングポイント

ダイビングポイントは風向き次第

沖永良部島のダイビングポイント紹介

ダイビングで潜るポイントのほとんどがGTダイバーズ
開拓のオリジナルポイント。

沖永良部島は風向き次第で潜るエリアが変わります。
そのため季節によってダイビングの目的や景観、見れる生き物が一変します。
リクエストとスキル・海況に合わせて臨機応変・無数の可能性を探ります!

南風が多い夏は島の北西にある沖泊港を拠点としたサンゴマクロエリア。
東シナ海側を潜ることが多くなり大物も出るが基本的にレアもの含むマクロダイブ。

北風が多い冬は島の南西せある知名港を拠点として出港。
ワイルドな地形が売りの太平洋側を潜る機会が多い。

東風が続く季節の変わり目には島の西部にある住吉港を利用することも。
ちょうどマクロエリアと大物エリアとの境目に位置してることもあり、
そのどちらも狙いたい”欲しがり屋さん”にはたまらないシーズン。

西風が吹くことが稀だがそれにめっぽう弱いのが沖永良部のダイビングポイント。
和泊港付近が穏やかになるが面白いポイントが少ない。
イソマグロが浅場で爆発的に群れるポイントに行くには和泊港を利用する。

最寄りの港から出港し、エリア内の遠いポイントでも15分以内に到着。
出港したらすぐに潜る準備をし始めてください!
通常10分でポイントに到着しますので船に弱い方でも安心です。
1ダイブ毎に港に帰り陸に上がって休憩(トイレ&水分補給)します。